国(消費者庁)が血中中性脂肪低下作用でA判定

国(消費者庁)が血中中性脂肪低下作用でA判定

 

 

 

 

 

引用元:「食品の機能性評価モデル事業」の結果報告

平成 24 年4月

消費者庁(事業受託者:公益財団法人日本健康・栄養食品協会)P.29

http://www.caa.go.jp/foods/pdf/syokuhin915.pdf

 

 

 

 

国(消費者庁)がDHA・EPAに血中中性脂肪低下作用でA判定を与えたレポートがあったので紹介します。

 

 

 

 目次 〜国(消費者庁)が血中中性脂肪低下作用でA判定〜

 

 

国(消費者庁)がDHA・EPAに対して血中中性脂肪低下作用でA判定

 

 

 

 

 

引用元:「食品の機能性評価モデル事業」の結果報告

平成 24 年4月

消費者庁(事業受託者:公益財団法人日本健康・栄養食品協会)P.29

http://www.caa.go.jp/foods/pdf/syokuhin915.pdf

 

国(消費者庁)がDHA・EPAに対して血中中性脂肪低下作用でA判定を出しています。

 

 

 

このA判定というのは機能性について明確で十分な根拠があるとA判定として認められるようです。

 

 

調査された11種類の成分の中でA判定はDHA・EPAだけ

 

 

国(消費者庁)はDHA・EPAの他にセレンコエンザイムQ10ヒアルロン酸などの10項目の機能性評価を調査していますが、A判定が出ているのはDHA・EPAだけでした。

 

 

 

参考:セレンの機能性評価結果

 

 

 

 

引用元:「食品の機能性評価モデル事業」の結果報告

平成 24 年4月

消費者庁(事業受託者:公益財団法人日本健康・栄養食品協会)P.21

http://www.caa.go.jp/foods/pdf/syokuhin915.pdf

 

 

他の10種類の成分も同レポートの別ページに書かれています。

 

 

 

 

 

 

 

以上、「国(消費者庁)がDHA・EPAに対して血中中性脂肪低下作用でA判定を与えました」という話でした。

 

 


 
トップページ サプリ一覧 サイト記事一覧 免責事項 お問い合わせ